廿日市にある美容室シャノアールのブログ

MISTY Ⅱ(ミスティ2)に配合されたEGFが・・・

皆さん、こんばんはmoon3 門前ですhappy01

今日はちょっと化粧品成分のお勉強のお話で難しいかもしれませんが、興味のある方は読んでみて下さいbook

今、シャノアールでも取り扱っている化粧品の美容液『AE MISTY Ⅱ(ミスティ2)』という商品がありますdiamond

misty2.jpg

凄く良い美容液でお使いの方も多く大好評ですが、実はこの中の成分の「EGF」が使用できなくなるとのことsign02

「EGF」別名ヒトオリゴペプチド-1は、ノーベル賞成分としてもアンチエイジングケアとしてここしばらくの間、注目されていた成分でしたeyeshine

肌の組織修復作用があって、細胞の再生スイッチを入れ新鮮な細胞に入れ替える肌再生の働きがあるとされていますrecycle

実際に僕も試しに怪我をした傷口にミスティⅡを塗って様子を見たことがあって、本当に傷が早く治ったのには驚きましたcatface

では、なぜEGFを配合できなくなるんでしょうか???

それは厚生労働省によって決められたようで、このように書かれていましたmemo

EGFは糖尿病性足部潰瘍の治療に効果があり、他の医薬品と同様の作用を持つと考えられる。

このような作用を持つ医薬品は医師の処方のもとで使用されるべきものであり、EGFも処方箋医薬品に相当する成分であると考えられる。

とありますsign01

「使用されるべき」っという言葉がとっても気になりますが・・・

さらに医師の診断となると保険も適用されず、通院が必要になってますます高額になってしまうような気がしますcoldsweats02sweat01

これは国が一儲けしようと考えているのでしょうかthink

今でもいろんな化粧品メーカーからEGF配合スキンケアはありますが、はたしてどうなるのでしょう???

そんな中、『AE MISTY Ⅱ(ミスティ2)』はすでに対応してて、10月からリニューアルして『AE MISTY Ⅲ(ミスティ3)』が発売されますnew

misty3.JPG

今まで使用していたEGFに変わって新しく入った成分の1つに「EDP3」がありますflair

この成分はEGFと同様の効果を発揮するオリゴペプチド-24で、体内のEGFをより安定させる効果がありますnote

そして表皮の修復を助け、衰えた肌をサポートしつつ、持続性・安定性をベースとした科学的に優れた効果と安全性が確認されていますwinkscissors

きっと今まで以上にバージョンアップしていると思うので、スタッフ皆がこの秋に発売される『AE MISTY Ⅲ(ミスティ3)』を心待ちにしていますnotes

皆さんも楽しみに待っていてくださいupup